Surf Trip World
CHANNEL ISLANDS
H.L.N.A
HURLEY
    最新ニュース
2018年度のご挨拶

 活動を始めて今年で8年目に入りました。この「JJP」も皆様に知っていただき、応援も増えたこと、改めて御礼申し上げます。それに伴い、日本人選手としては今までにない結果も出すことができました。本当にありがとうございました。今年も「JJP」を継続するにあたり、お伝えしたいことがあります。それはジュニア選手のケアーについてです。まず、基本は親御さんにあること。世界も見ても、どの大会でもジュニア選手には

» 続きを読む

WSL「Jeep World Junior Championship 2017」

WSLの世界ジュニア。7地域のリージョナルから18歳以下の代表選手が集まり、2017年度のチャンピオンを決める大会だ。昨年に続き、今年もオーストラリアのカイアマ、ボンボビーチで開催された。今年の会場は水温が冷たい。日中は晴れていても風が吹けば、外気も寒い。期間中の波のサイズは2-3フィート。癖のあるスウェル。ただ、難しい波であるものの、日本人選手でも十分戦えるコンディションだった。

» 続きを読む

WJC(World Junior Championship)ワイルドカード枠が発表!

世界の7リージョナルの予選を勝ち上がり、男子上位4名、女子上位2名がWJC代表選手が決定し、残るはワイルドカード(男子8名、女子4名)。ワイルドカードは代表選考は落ちたものの、今年度の活躍や結果等を見てWSLインターナショナルが決めるもの(リージョナルからの推薦枠ではありません)。今回、WSLコミッショナーオフォスからこの枠に、日本からは西優司、川合美乃里が推薦され、この2名が正式にWJC日本代表選手

» 続きを読む

「Ise Shima Pro Junior(伊勢志摩プロジュニア)」

10/14(土)〜15(日)、 Pro Junior 第3戦「Ise Shima Pro Junior(伊勢志摩プロジュニア)」は三重県志摩市国府の浜で開催。これが最終戦となり、来年の1月に行われるWJC (WorldJunior Chamiponship)の2017年度の日本代表(男子4名、女子2名)が決まる。折しも秋雨前線の影響で、天候は曇りから雨。ただ、サイズはモモコシをキープ。2日目はオフショアもあり、サイズダウンでヒザと厳しいコンディション。しかし、選手

» 続きを読む

「2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship」

今年のISA主催「ワールド ジュニア サーフィン チャンピオンシップ」は、1990年以来27年ぶりの国内で開催。その映えある代表は、U18 Boys / 西優司、三輪紘也、小笠原由織、大音凛太。U18 Girls / 川合美乃里、加藤里菜。U16 Boys / 安室丈、鈴木仁、上山キアヌ久里朱、伊東李安琉。U16 Girls / 野中美波、中塩佳那という実力派。今年も十分優勝を狙えるメンバーが揃った。

» 続きを読む

M.B.J Pro(南房総 ジュニア プロ)

9/16(土)〜17(日)、 Pro Junior 第2戦「M.B.J Pro(南房総 ジュニア プロ)」は千葉県南房総市、千歳ポイントで開催。当日の波は胸肩。次の日は台風の影響で秋雨前線により雨、風が強くなる予報のためQFまで消化。最終日は予報どうりの豪雨に強風。サイズは頭半オーバーとなり、選手はタフなコンデイションで、どこまでパフォーマンスが出せるか試された。

» 続きを読む

「Ichinomiya Isumi Pro Junior Surfing Governor's Cup」

7/1(土)〜2(日)、 Pro Junior 第一戦「Ichinomiya Isumi Pro Junior Surfing Governor's Cup」は千葉県一宮町、釣ヶ先(志田下)ポイントで開催。今年も熱い戦いの火蓋が切られた。ジュニアの大会は3戦行われ、9月に千葉南房総、10月に三重伊勢志摩で開催される。昨年から18歳以下となったジュニアシリーズ。リージョナルもWSL JAPANからASIAに拡大。日本だけでなく、他のアジア地域も参加することになった今大会。た

» 続きを読む

WSL JAPAN「Billabong Super Kids Challenge Shonan」

今年も湘南鵠沼で「Billabong Super Kids Challenge Shonan」が開催された。このイベントはCadet(U-16)とGrom(U-12)のクラスに分け、WSLのシステムで行う。世界基準を早くから経験を積ませるためのもの。特に経験の少ないGrom(U-12)には、昨年から導入されている4マンプライオリティルールの説明を行い、実戦にて体験させる。勝敗がつくことで自身の記憶に刻まれるから、講義するよりも覚えは格段に上がる

» 続きを読む

  More News »